海外旅行をする際に持っていくと安心なもの2選!

使いなれた常備薬は必須

海外旅行をする際、いつもとは違う場所で過ごすことになりますので、何事もなく旅行を続行するためには、普段から使い慣れた物を持っていくことが重要になってきます。 その中の一つとして、常備薬があります。食べ慣れない物を食べた際に気持ち悪くなった時に使える胃薬があると安心ですし、疲れによって発熱する場合もありますので、解熱剤なども持っていった方が良いでしょう。また、頭痛や生理痛に悩まされやすい人は、痛み止めを持っていくと良いでしょう。 現地でも薬を購入することは出来ますが、身体に合わない場合もありますので、出来る限り使い慣れた物を持っていくようにしましょう。小分けにして持っていくと、嵩張らずに持ち運べます。

耳栓やアイマスクも必需品

次に、健康的に旅行を楽しみたいのであれば、毎日ホテルで安眠することが必要になってきます。しかし、旅行先によってはホテル内がうるさかったり、表通りに面していて車の音がひっきりなしに聞こえるという場合もあります。まばゆい光も入ってくるでしょう。 そんな時に使えるのが、耳栓とアイマスクです。うるさい音は耳栓でシャットストすることが出来ますし、アイマスクを装着すれば光を感じずに安眠することが出来ます。現地で購入すると手間がかかってしまいますので、日本から持っていった方が良いでしょう。軽いものですので、バッグやスーツケースに入れても、それほど場所を必要としません。飛行機の中でも使えますので、手持ちのバッグに入れておいた方が良いかもしれません。